お知らせ

2017/07/11 21:50

プリント基板の絶縁、コンデンサIR測定ソフトの販売を開始しました。

本ソフトは、多チャンネルの高抵抗測定や微小電流測定を行います。
測定器は、ADC社製高抵抗計5450/51,8340A,スキャナ7210,3100を使用します。

1.プリント基板の複数個所の自動測定を行います。
短絡部分が含まれている場合は、自動的に検出し、測定を継続できます。

2.マイグレーション試験を行います。
測定電圧とストレス電圧は別々の電圧を設定できます。
短絡が発生すると、自動的に検出し、試験を継続できます。

3.複数のコンデンサーのIR測定(漏れ電流測定)を自動的に行います。
複数のコンデンサーを同時充電した後、各コンデンサーのIR測定を行います。
自動充電機能で、測定電圧に到達した後、60秒経過してIR測定を行います。
測定後、コンデンサーに蓄積された電荷は自動放電されます。
この自動充電/放電は、コンデンサーのIR測定には不可欠で当社独自の機能です。

4.複数コンデンサーの充電カーブを測定します。
この機能は、コンデンサーの耐久性評価に使用できます。

5.電線の液槽での浸漬試験を行います。

6.太陽電池のPID試験を行います。


関連資料1(PDF)
-
サポート・FAQ

商品や技術に関して、よくあるご質問と
その回答を掲載しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!
購入のご相談もこちらから。